ホームステイとシェアハウス

イギリス留学

過去3回、1年4か月、イギリスに留学やノマドで滞在した経験から、ホームステイとシェアハウスのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

イギリスでは、ホームステイは4軒、シェアハウスは7軒ほど経験しています(短期物件ばかり探していたため。また別途お話しします)。

ホームステイのメリット

  • イギリス人の生の暮らし、考え方に触れるチャンス
  • ごはんを作ってくれる。しかも料理が得意な家が多い
  • 現地の人、しかも家族なので頼もしい
  • 基盤ができるような安心感がある
  • ごはんを一緒に食べるので英語を使える
  • 家のクオリティが高めの可能性
  • 留学生用の部屋なので、デスク・チェアなどの家具が揃っている
  • 家探しの労力がかからない

ホームステイのデメリット

  • 料金が高め。安くしようとするとかなり郊外になってしまう(ロンドン)
  • そうじ、洗濯が週1回の可能性
  • 用意してもらうバスタオルは1週間に1枚
  • ホスピタリティのないビジネスライクな家族だと辛い
  • 家族の闇を見つけてしまうことも
  • 一家の生活リズムやルールに合わせるのは、年を重ねた人ほど辛いかも
  • 家族のだんらんを邪魔してはいけないと感じてしまうことも
  • キッチンを使えない家がある

シェアハウスのメリット

  • 気楽。自由。自分のリズムで動ける
  • 自分が食べたいものを食事にできる
  • 気が合えば、家に友達がいる感覚に
  • ホームステイより安く上げられる可能性あり
  • 人が入れ替われば、出会いも広がる
  • 一時にさまざまな国籍の人の生活ぶりを見るチャンス
  • 日本人向けの物件なら炊飯器がある

シェアハウスのデメリット

  • キッチンが使いたいときに使えない可能性
  • 家のクオリティが下がる可能性
  • 必要な家具が備わっていない可能性
  • 生活時間帯が違う人がいると、騒音が特に辛い
  • 清潔具合について許容範囲が違うと辛い
  • 人が入れ替わると住み心地が変わる可能性
  • 掃除を外注していない場合、当番制

またこのあたり具体的に説明していきます。

タイトルとURLをコピーしました